すてきなスープ

アラサー女ヲタクの日常

私がまだ音楽を好きでいられる理由~Fear, and Loathing in Las Vegasってバンド知ってる?~

ブログをはじめて二週間ほど経った。前にやっていたアメブロでは日々のことを書いていたけれど、はてなブログだとテーマを決めて書かないといけない気がして文章がめっちゃ固くなる。完全なる思い込み。すみません。

 

さて、以前も書いた通り今の私は自宅でたまに働きつつ基本は主婦をしているアラサー女です。と同時に、いろんなバンドのライブに行きまくっていた元ロキノン厨であり、とあるアイドルを応援しているドルオタでもあります。ほかにも、とあるサッカーチームのサポーターだったり漫画やゲームやアニメが好きなただのヲタク*1であったりホラー作品大好きマンであったりもします。要するにかなり多趣味な人間です。

 

でも、その根幹をなしているのは「音楽が好きな自分」です。話せば長くなるので割愛しますが、もともと私は音楽業界で働きたいと思っていた人間でした。しかし夢叶わず、けれども次に大好きだった分野で就職し一年前まで働いていました。今も時々その分野で働いています。

でも、今でもやっぱり音楽に対する思い入れは強いです。一時期は本当に人生の根幹をなすものでしたし、単純に音楽が大好きです。今も音楽がなくちゃ生きていけないと思っています。いえーい!NO MUSIC NO LIFE!みたいなテンションは私にはもうないですが、わりと本気でそうだなとは思っています。

 

でもな、でもな!これも前も書いたけど、バンドって儚いものじゃないですか。あんなに好きだったのに音楽性が変わったり、突然活動休止したり、解散しちゃったり。「これからも頑張ります!」ってこの前のライブで言ってたやないか!!と思ったことは数知れず。悲しんだことや落胆したことも数知れず。するとどうなるか。バンドを本気で好きになるのがどんどん怖くなっていく。バンドが悪いんじゃないんです、前も書いたけどみんな変わっていくものだし、変化するのは悪いことじゃないんです。勝手にいろんなことに期待している厄介な私が悪いんです。すみません。でもな、自分の気持ちが全く追いつかないんだわ。すまんな。

 

特に2011年にその当時一番好きだったバンド、名前出すとハヌマーンってバンドなんだけどね、彼らが突然、活動休止*2した時は本当につらかった。私、彼らの関東のライブは全通する勢いで行ってたんですよ。本当に大好きだった。音楽もメンバーさんも。本当に本当に大好きだった。

2015年に世界で一番大好きなジャズバンド、PE’Zっていうんだけどね、彼らが解散したときはダメだった。中学生の頃から聴いていた思い入れがある、大好きなバンドでした。本当に。私のなかで昔「自分の人生に影響を与えた大好きな3大バンド」ってのがあったんですが、そのひとつが彼らでした*3。彼らに出会わなければ音楽業界で働きたいと夢見ることもなかった。ある意味、自分の人生を語るうえで欠かせないバンドでした。でも、解散してしまった。

 

ほかにもいろんな別れがあったし、以前書いたように

音楽性の違いからファンを辞めてしまったこともあった。辛かった。基本的に全部辛かった。もう音楽を趣味にするのはやめようかなと本気で思った。

そんな私を「音楽」に繋ぎとめてくれたバンドがいる。

Fear, and Loathing in Las Vegasって知ってる?


[PV]/Fear, and Loathing in Las Vegas

ツイッターでは時々呟いているが、私はFear, and Loathing in Las Vegas(略してラスベガス)がいなければ、熱心に音楽を聴くことはなくなっていたと思っている。彼らの音楽とライブがどうにか私を音楽に繋ぎとめてくれた。ものすごく感謝しているし、前述した通り多趣味な私だが、私のなかの趣味優先順位堂々の1位は彼らだ*4

彼らの音楽をはじめてちゃんと聴いたのは2011年だった*5。私が大好きな『カイジ』第2期のオープニングを彼らが担当するというニュースを小耳に挟み、試しにYOU TUBEで彼らの音楽を聴いてみたのが始まりだった。


[PV]Stray in Chaos/Fear, and Loathing in Las Vegas

普通に好きだった。私は元来、Dragon Ashマキシマム ザ ホルモンなど、ミクスチャーロック系のバンドの音楽が一番好きな人間です。なのでラスベガスの音楽はとてもツボでした。あと茶髪のボーカルさんかわええキーボードのお兄さんカッコええ。え??茶髪のお兄さんもデスボイス出すの??というかツインボーカルとか最高かよ!!と正直思ったすみませんなんでもないです。

あ、『カイジ』の2期OPだったのはこの曲↓


[PV]Chase the Light!/Fear, and Loathing in Las Vegas

 

それから彼らがMVを発表したり、新譜を出すのをチェックするようになった。


[PV]Just Awake (English ver)/Fear, and Loathing in Las Vegas

(↑アニメ『HUNTER×HUNTER』(2011年版)のEDだった曲です)


[PV]Virtue and Vice/Fear, and Loathing in Las Vegas

(↑MVの様子がおかしい)

 

だけどさっきも書いたが2011年はショッキングな活動休止があったこともあり、あまり貪欲に音楽を聴いたりライブに行くテンションではなかった。そんな日々が数年続き、時は2014年。私はSUMMER SONICに行った。お目当てはAvenged Sevenfoldとベビメタちゃん、そしてラスベガスだった。運よくMOUNTAIN STAGEでラスベガス→ベビメタの順でライブが行われるとのことだったので、私は同行した妹と共にやや前方でラスベガスのライブを観た。その当時の私のブログから感想を引用すると、

結果から言うと、いろんな意味で最高すぎて

途中からステージじゃなくてスクリーンを

ニヤニヤしながら観ていた←  

我ながらどないやねんって感想ですが、とても楽しかった。気持ちいい轟音にさらされて、久しぶりにモッシュした。ステージの上で大暴れしているメンバーさんを観て笑った。彼らの音楽を聴いていると、日常の苦しいことや悲しいことを忘れて、どこか遠くへ連れて行ってくれるような感覚になった。音楽っていいものだったと、思い出した。

 

そこからは転落するかのようにラスベガスの過去のCDを買いあさり聴き込んだ。メンバーのインタビューも読んだ。彼らは今どきの若者とは思えないくらいストイックだった。そんなに自分たちを追い詰めなくてもと思うくらい自省して音楽を作っていた。そして彼らのメンバーの一部が自分と同い年(多分)であることも知った。正直ショックだった。同い年の方々がこんなカッコいい音楽をストイックに作っているのか、私は一体何をしているんだ、と。それと同時に、当時の私の職場は私と同い年はおろか同期さえもいなかった環境であり、日々少しの寂しさを感じていた。そんな時にラスベガスを聴くと、背中を押されているような気持になった。うれしかった。私も負けないように頑張ろうと思えた。私は仕事に打ち込んだ、そして彼らも新曲をリリースしていった。


[PV]Let Me Hear/Fear, and Loathing in Las Vegas


[PV]Starburst/Fear, and Loathing in Las Vegas

正直、どこかでラスベガスも音楽性に変化があったり、もしくはマンネリ化するのかなと思っていた。でも違った。彼らは変化ではなく、年々進化していった。「こんな引き出しもあるのか!」と新曲を聴くたびに驚いた。いや、人によっては「ラスベガスも変わった」と思うかもしれない。でも、私がラスベガスに感じた「どこか遠くへ連れて行ってくれる感覚」は常に彼らの音楽のなかにあった。それがうれしかった。別にラスベガスに何かを求めていたわけではない、でも、期待を裏切らずに、むしろ期待を軽々と飛び越えて新しい世界を見せてくれる彼らのことが年々好きになっていった。そして今や、ラスベガスは私にとって唯一無二のバンドになった。

 

うーん、ここまでで3000字書いたんだけどまとまらない!

ラスベガス大好きすぎて書き出すと止まらない。今度またラスベガスの好きなところはたっぷり書きます。書きたい。というか上のMVを観てくれた方はお分かりかと思いますが、なんか彼らのMVの様子ってちょっとおかしいでしょ。え、ちょっとじゃないって??だよね、普通彼らみたいなバンドなら硬派でカッコいい系のMVにするもんね。なんでだろうね、彼らが兵庫出身だからかな??関西の血が騒いじゃった??そんなところも大好きです。彼らの様子のおかしさが気になった方は、ぜひこちらのMVも↓


Fear, and Loathing in Las Vegas / Return to Zero

パ、パラパラ踊っちゃたよー!!(大丈夫です、ラスベガスのMVのおかしさに慣れているだろう私たちファンもMV公開当時はかなりざわざわしました。踊るのかい?私たちファンも踊るのかい…!?※ライブではフリを覚えているファンの皆さんは踊っています。意外と楽しい)

 

もうすぐ発売になる新曲のMVもあるよ↓


Fear, and Loathing in Las Vegas - Keep the Heat and Fire Yourself Up

Boo🐽~♡うん、もはやどこからツッコめばいいのか分かりません。

ちなみに彼らは現在行っている“New Sunrise” Release Tourのグランドファイナルとして、4月14日に幕張メッセでワンマンを開催します。いやーーー楽しみ!!それまでには、ベガスさんへの愛を綴るブログの続編を書きたいと思います。以上!

*1:本命は妖怪ウォッチダンガンロンパとアカギとカイジと以下略

*2:翌年2012年にハヌマーンは解散しました

*3:残りふたりはDragon Ashマキシマム ザ ホルモン

*4:あ、小林泰三先生の作品も同率一位でしたすみません

*5:彼らの存在自体はそれ以前からなぜか知っていた。はるか昔、私がまだ大阪の専門学校に通っていたときにどこかのライブハウスで観たような気がするのですが…曖昧